アジサイの上手な育て方は環境が鍵となる~植える場所を決めよう~

環境づくりがしっかりしていればGOOD~正しいアジサイの育て方~

アジサイの上手な育て方は環境が鍵となる~植える場所を決めよう~

アジサイ

苗木の選び方

お店にアジサイの苗木が並び始める時期は、3月から5月頃です。満開を迎えるまではお店に置かれていることも多いですが、良い苗木を見分けるためにも早めに選ぶことをオススメします。選び方のポイントは、既に咲いている花が少なく、葉が大きくて艶があることです。花が咲いてしまった苗木は、植える時に傷つきやすく、満開までの成長が上手くいかない場合があります。また、茎が太くしっかりと伸びているものを選びましょう。

じょうろ

植える場所の選び方

アジサイの上手な育て方として、成長しやすい環境作りは重要です。まず、苗木が入っていたポットよりもひと回り大きなスペースを確保しましょう。複数株を植える場合は、ある程度間隔を保つことを意識して植えます。広々とした土に根が大きくはることで、健康的な成長を促すことが出来るのです。次に、昼間に日光がしっかりと当たる場所を選びましょう。土の水はけの良さにも関わるので、同時に風通しの良さも大切です。

庭

植え付けの方法と注意点

苗木の植え付けは、予め土を作るところから始まります。植え付けの時期は、葉を増やし開花に向けて準備をする重要な期間であるため、豊富な栄養が必要です。数週間前には植える場所に肥料を混ぜ込み、馴染ませておくことで吸収が良くなります。植える時には、苗よりもひと回り大きく土を掘ると安定性が高くなります。初回の水やりではたっぷりと水分を与え、土台を固めることがポイントです。

本アジサイと額アジサイそれぞれの特徴

華やかなボール状

普段見かける品種は本アジサイであることが多く、ボール状に集まって花が咲いていることが特徴です。土のphによって色味がはっきりと出るため、華やかな印象があります。

爽やかな額アジサイ

額アジサイの大きな特徴は花の咲き方にあります。小さい花が中心に集まっていて、それを大きな花びらが額縁のように囲って咲いています。色味の主張が柔らかく、梅雨の時期に合った爽やかさが幅広い年代から人気です。

広告募集中