アジサイを育てるなら育て方を知った上で購入しよう

アジサイの魅力

梅雨の時期に咲く代表的な花の1つに、アジサイがあります。毎年の品種改良によって3000種類以上のアジサイが存在し、世界中で愛されています。青やピンクの鮮やかな色合いが、雨の多い季節を爽やかに変えてくれるところが大きな魅力です。

アジサイとアナベルのそれぞれの特徴

色鮮やかなアジサイ

アジサイは、青やピンクなどはっきりとした鮮やかな色の花を咲かせます。品種も多く、花の形も様々です。直射日光に弱いので日陰に咲いていることもあり、自然に成長するほど繁殖力も高いです。

真っ白な花が特徴

アナベルの最大の特徴は、真っ白な花の色です。アジサイが色とりどりなことに対し、アナベルは白一色で成長します。また、品種が多くないので、ボール状に丸い形で花を咲かせることがほとんどです。日光を好むので、日なたで成長します。

購入前に育て方をチェック!

鉢植えと花壇のどちらでも育てることが出来るアジサイは、ガーデニング初心者でも扱いやすい花です。乾燥に弱いので、1日1回の水やりの際には多めの水分を与える必要があります。また、花を咲かせる時期だけでなく、秋以降も新たな芽を育てるために豊富な栄養が大切です。シーズンごとに追肥を忘れないようにしましょう。

[PR]
アジサイの育て方を詳しく紹介
ガーデニングをはじめよう

育て方で生長が左右される!初心者に人気のアジサイ

園芸用品

アジサイを育てるメリット

1度育てたら枯れてしまう植物と違い、アジサイは毎年花を咲かせます。自分で育てた花を長く楽しめる上に、株を増やしてボリュームを出すなどの工夫も可能です。また、土で栽培する以外にも、カットして切り花として飾ったり、生け花に使用する活用方法もあります。時期が過ぎてもドライフラワーや押し花にリメイクをするなど、1年を通して魅力を楽しめることがアジサイを育てる大きなメリットです。

紫陽花

アジサイを育てる際に必要となるアイテム

アジサイを家庭で育てる場合、植えられる花壇や鉢の用意が必要です。繁殖力が高く、成長する過程で大きく根をはる特徴があるため、1年に1回はひと回り大きな鉢に交換をしましょう。また、剪定用のハサミがあると便利です。こまめに剪定をすることで見栄えも良く、コンパクトで育てやすい株を保つことが出来ます。また、来年に向けて新たな芽を成長させる際には、剪定によって栄養の偏りを無くすことが大切です。

苗

失敗しないアジサイの育て方

水やりは1日に1回で構いませんが、多めに水分を与えることを意識しましょう。鉢で育てるならば、受け皿に水が流れ出す程度の量が必要です。乾燥が苦手な植物であるため、夏場は土の表面が乾いていれば追加の水やりをすることもあります。また、成長する上で大きく根をはるので、根詰まりを起こさないように注意が必要です。広いスペースと通気性の良い環境作りが、失敗しない育て方のポイントです。

自宅でアジサイを育てている人の声

アジサイ

剪定も難しくない

アジサイは水やりなどの基本的な育て方以外に、剪定作業が必要です。馴染みのない作業ですが、鉢や花壇に合わせてサイズを整えるだけなので、初心者でも簡単に行えますよ。コンパクトに保つことで家の中にも置けるので、季節を感じられて楽しいです。

幅広い楽しみ方ができる

様々な品種があるアジサイは、苗を選ぶ時から種類ごとの違いを楽しめるんです。品種によって全く違う印象を持たせてくれますし、色の違いも鮮やかで美しいです。

広告募集中